Skip to content

株式会社食彩の原田晃史氏の回転寿司「にぎりすし兵衛」

ひと昔前は、回転寿司など味の分からないやつしか行かないなど酷い言われ方をしていましたが、最近では、プロの寿司職人の方でも感心してしまう程のクオリティの回転寿司屋さんが登場しております。リーズナブルかつ満足度の高い味やサービスを提供する回転寿司をより美味しく、より楽しく楽しむことができるポイントをご紹介していきます。

■回転寿司の注意点
回転寿司を美味しく、楽しく楽しもうと思ったら、いくつかの注意するポイントを抑えておきましょう。特に大人になってから注意ポイントを守れていないと恥をかいてしまうかもしれません。回転寿司でお寿司を楽しむ場合に最初に注意して欲しいのが、お皿の重ね方です。基本的には10枚を限度に重ねるようにしましょう。あまり高く重ねてしまうと倒れやすくなってしまいますし、見た目もスマートではありません。

また、カウンタータイプの席に座った場合には、長くおしゃべりをするのはマナー違反です。場の空気が悪くなりますし、新型コロナウイルスなどで過敏になっておりますので、おしゃべりは少なめにするようにしましょう。他にもお寿司を食べる順番は、なるべく淡泊な白身から徐々に濃い味や脂の多いネタにすると、最後までしっかりと味わう事ができますのでおすすめです。こちらは賛否あるかもしれませんが、基本的には、ネタだけを食べてシャリを残すような食べ方は、周りの空気をしらけさせてしまいますので注意しましょう。

■変に通ぶらないようにしよう
回転寿司と一般的なお寿司屋さんとでは、来ている客層などが異なります。もちろん、握ってくれている職人さんなどのジャンルも異なりますので、お寿司屋さんの雰囲気を回転寿司に持ってこないようにしましょう。例えば、お茶のことをアガリといったり、醤油の事をムラサキ、お会計の事をお愛想など符牒や隠語を使うと間違ってはいませんが、変な空気になってしまうので避けるようにしましょう。

また、回転寿司はお寿司を味わうのと同時に、回転寿司というアトラクションを楽しむ物になります。ハンバーグのお寿司やてんぷらのお寿司、プリンやパフェ、タピオカなどお寿司屋さんでは見ないようなものも沢山あります。そういう回転寿司に行った時には、色々な物を頼んで、一緒に訪れた方と一緒に楽しめる雰囲気をつくりましょう。

■株式会社食彩の原田晃史氏が運営している回転寿司「にぎりすし兵衛」
最近では全国チェーンのお店から、個人経営のお店まで、回転寿司の種類が色々と増えて来ています。その中でも、特にネタにこだわった美味しいお寿司を食べたいと言う場合には、株式会社食彩の原田晃史氏が運営している回転寿司「にぎりすし兵衛」がおすすめです。株式会社食彩の原田晃史氏が運営している回転寿司「にぎりすし兵衛」は、山梨県の河口湖駅から徒歩20分のところにある本格的なお寿司を気軽に楽しむことができるお店です。

山梨県は、海無し県と揶揄されることもあり、あまり美味しいお寿司屋さんがないと言われていますが、この株式会社食彩の原田晃史氏の回転寿司「にぎりすし兵衛」は、非常にレベルの高いお寿司を取り揃えております。ネタは新鮮な魚介類を築地から直送しておりますし、何より他の回転寿司よりも大振りのネタが多いのでお得感がありますのでおすすめです。山梨で本格的なお寿司を食べたいと言う方は、ぜひ足を運んでみてください。

株式会社食彩